野茂英雄のメジャー挑戦トルネードと名言に感動! 当時の成績や現在は?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク




Pocket

こんにちは、性格がトルネードのタクシー運転手です。

 

幼少時代からプロ野球観戦が大好きでして、
1988年の頃から新聞記事をスクラップしていたので、
当年のドラフトの熱狂はよく覚えています・・・

 

日本プロ野球界で一年目から大車輪の活躍を経て、
後にアメリカのメジャーに挑戦した「NOMO」は、
いつまでも私のアイドルです!

 

日本プロ野球界の伝説「野茂英雄」

最終的にはメジャーリーグに殴り込みをかけますが、
野茂英雄氏は日本のプロ野球入りまでは、
雑草から徐々にステップアップした類まれなる選手でした。

 

身体のサイズには恵まれたようですが、
決して野球エリートとは言えない球歴だと思います。

氏名:野茂 英雄(のも ひでお)
ポジション:投手
出身:大阪府大阪市
誕生日:1968年8月31日
身長:188cm
体重:100kg
アマチュア経歴:大阪府立成城工業高等学校を経て、高卒で社会人野球の新日本製鐵堺へ

 

小学校から始めた野球でしたが、
名門高校のセレクションが全敗に終わり、
公立校に進学して野球を続けます。

 

代名詞である「トルネード投法」の原型が生まれつつあった、
高校2年生の大会2回戦で完全試合を達成。

トルネード投法とは・・・

大きく振りかぶって背中が打者が見えるぐらいにひねり、
その身体全体を使ったねじれを利用して、
直球の威力を上げた野茂英雄氏考案のオリジナル投法。

 

その後、高卒で社会人野球入りをして、
後の武器となるフォークボールを習得。
都市対抗野球(社会人の全国大会)出場や、
1988年のソウル五輪で銀メダルを獲得します。

 

・・・当時のアマチュア野球界で、
当時世界最強のキューバ打線に対して真っ向勝負ができた、
数少ない投手でした。
(ソウル五輪にキューバは不参加で、金メダルはアメリカ。)

 


そして1989年のプロ野球ドラフト会議では、
アマチュア野球界の超目玉として注目が集まります。

そして、史上最多タイの8球団が1位入札で競合の結果、
地元大阪の近鉄バッファローズが交渉権を獲得しました。

スポンサードリンク

日米をトルネードで巻き込んだ日本での活躍~メジャー挑戦

鳴り物入りで入団した近鉄バファローズ一年目は、
期待に違わぬ「トルネード投法」で大活躍を見せました。

 

 

日本プロ野球初年度(1990年)のタイトル獲得や記録は、
今現在から見ても異次元レベルです。笑

野茂英雄 ルーキーイヤーの成績や獲得タイトル

主な記録:登板数 29 / 18勝8敗 / 防御率2.91 / 投球回 235.0 / 脱三振 287
獲得タイトル:最多勝 / 最高勝率 / 最優秀防御率 / 最多脱三振
表彰:MVP / 沢村賞 / 新人王 / ベストナイン / 月間MVP2回(6月、8月)

 

ルーキーイヤー初選出のオールスターでは、
真っ向勝負を挑んだ落合が浴びせる名場面も。

 

ドラフトくじを引き当てた仰木監督は野手出身で、
野茂の調整法のよき理解者でしたが、
1992年に惜しまれながら勇退。

 

後を継いだ投手出身の鈴木監督と反りが合わないことや、
ケガの扱いから球団との確執が生まれ、
最終的にはアメリカのメジャー挑戦が残された道となりました。

 

・・・野手ではイチロー外野手が2001年にメジャー挑戦しましたが、
野茂英雄氏が挑戦を決意した1995年当時は、
「日本人がメジャーで成功できるわけが無い」とされた時代でした。

 

(1964年に南海ホークスから野球留学をしていた村上雅則氏が、
2年間SFジャイアンツで投手として契約したのが日本初。)

村上雅則氏から何と30年の時を経て、
日本プロ野球界からのメジャーリーグ挑戦です。

 

当時のメジャーリーグの日本人投手の評価は低く、
マイナー契約(年棒がわずか980万円!)としての船出となりました。

 

 

しかし、前年に選手会が長期ストライキを決行したことにより、
ファン離れが顕著だったメジャーリーグファンを、
球場に足を運ばせたのは野茂英雄氏の活躍がありました。

 

独特のトルネード投法は、
もちろんメジャーリーグでも見られなかったものです。

そんな投法で1995年のシーズン前半戦を大活躍で折り返すと、
人気はうなぎ登りでオールスター出場で先発の名誉にも授かります。

 

当時の日米で社会現象にまでなった「NOMOマニア」が、
NOMOの活躍を後押しして、
シーズン通算で13勝6敗防御率2.54の好成績を残しました。

(当年の新人王と最多脱三振のタイトルを獲得も!)

 

・・・その後はメジャーを7球団渡り歩き、
両リーグでノーヒットノーラン(史上四人目)を達成するなどを経て、
プロ通算17年のシーズンを終えて2008年で引退されました。

 

日米通算201勝の功績で、
名球界入りと日本プロ野球界で殿堂入りを果たした、
偉大なるパイオニア野茂英雄氏の一時代と言えるでしょう。

 

 

独特の感性が発露された名言の数々

TVで観戦していても表情を表わさずに黙々と、
野茂氏は独特のフォームから豪快に腕を振っていました。

 

そんな「野茂英雄の哲学」は非常に気になるところです。
・・・しかし、インタビューでも大人しいので、
正直なところはよく分かりませんでした。笑

 

そんな野茂英雄氏でも色々と言葉が残っていますが、
含蓄に富んでいるので考えさせられるところは多いかと思います。

 

少しずつ、少しずつ、ぼくは野球を覚えてきました。

出典:Number誌インタビュー(2009年11月9日)

 

練習嫌いで通る野茂氏でしたが、
やらなければならない練習だけは必死にしたそうです。

 

・・・指導者の頭ごなしでフォームなども否定されがちでも、
それを頑なに守ってきたことが垣間見えますね。

 

そして、野茂英雄氏の勝負の感覚です。

最高と思える打者と勝負できる。
これが楽しくて仕方がなかった。

出典:Number誌インタビュー(2012年3月27日)

 

アマチュア時代のキューバ打線は破壊力で世界一を誇りましたが、
野茂氏はその真剣勝負で勝っても負けても、
爽やかな余韻がたまらなかい性分が隠しきれない様子。笑

 

 

 

・・・そして飾らない言葉でズバッと本質を突いたこの言葉は、
野茂氏のパイオニア精神を表してるかなと感じます。

 

若いうちは無駄が栄養ですね。

※出典は不明確だが、野茂氏の発言として各所で引用。

 

私も決して若くはありませんけど、
野茂氏のチャレンジ精神はいつまでも持ち続けたいです!

 

 

現在は何をしている?息子さんはあの球団に・・・

引退後の2003年には社会人野球チームの廃部が続くことから、
「NOMOベースボールクラブ」のオーナーになり、
チームは社会人野球にも出場を果たしています。

 

あと、現在はトルネードのシルエットを模したグッズや、
オリジナルブレンドのコーヒーを販売しているようですね。笑

 

野球解説はあまり見かけないので、
喋る仕事は今後もあまりしないかなと感じています。
(2011年の日本シリーズは古田氏のフォローで成立してたような?)

 

アメリカの大学を卒業した息子さんは、
現在は楽天イーグルスで通訳を務めているそうで、
親子鷹としてプロ野球界に携わっていますね!

 

そして、野茂英雄氏の雄姿は、
2016年の名球界ベースボールフェスティバルで、
久しぶりにトルネード投法を披露された事が報道されました。

 

・・・私たちファンとしては、
もう少し元気な姿を拝見したいものです。

 

 

とはいえ、野茂英雄氏には感謝の念しかありません。

どうか、これからも元気でいてください!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. いらすとや / 話題
  2. 仕事 / ストレス / 辞めたい / 行きたくない
  3. イグノーベル賞 / 賞金 / 日本人 / バナナ/ ドクター中松
  4. 春分の日 / 秋分の日 / おはぎ / ぼた餅 / お彼岸 / お墓参り
  5. マインドフルネス / 効果 / 瞑想 / 呼吸法 / 訓練 / やり方

東京のタクシー運転手(とらねじ)

東京のタクシー運転手(とらねじ)

こんにちは、このサイトの管理人(とらねじ)です。ご訪問ありがとうございます。

このブログは、東京で働くタクシー運転手の目線で、「業界的な話」や自分の尊敬する方、生活者の行動に関するトピックスなどを気ままに書いています。

・・・私自信は都内の中小の製造業やサービス業を渡り歩いた、どこにでもいるアラフォーです。
ところが、前職の会社が業績悪化に陥ったので、思い切ってタクシー会社に転職したました。

世間の悪いイメージがありますが、実際に入ってみると結構違ったのでビックリしました!
大変ですが、なかなか面白いですよ♪

・・・東京なら何度でも人生をやり直せると信じています。