いきなりステーキはどこの肉? 人気のニュースの裏では炎上や喧嘩も

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク




いきなりステーキ/ どこの肉 / 人気のニュース / 炎上 / 喧嘩
Pocket

こんにちは、昔はビフテキと言ってたタクシー運転手です。

 

タクシーの運転手は街中の変化を眺めながら、
日々の業務に勤しんでいます。

 

話題のお店が長い行列をしていれば自然と目に入るので、
「へー」と思っていたりするんですよね。

 

「いきなり」話題の飲食店になったステーキ店とは?

2013年に銀座4丁目店として第一号店をオープンした、
「いきなり!ステーキ」はその後2016年12月末までに、
115店舗を出店するまでに展開しました。

 

すごいスピード感ですよね。笑

 

立ち食いスタイルでステーキを食べるコンセプトは、
看板に偽りなしでインパクトも絶大でマスコミの話題にもなり、
あっという間の100店舗超えを達成。

 

あまり知られていないようですが、
運営元は株式会社ペッパーフードサービスで、
「ペッパーランチ」が先に全国展開しています。

 

(2007年の女性監禁暴行事件や食中毒などの危機を経て、
今は業績も好調のようです)

 

一代でペッパーフードサービスを築いたのは、
一瀬邦夫社長で「いきなり!ステーキ」も、
氏のアイデアだそうです。

 

先に話題になっていた立ち食い業態の、
「俺のイタリアン」などのパクリではなく、
最初はペッパーランチも立ち食いで検討したとか。

 

食べたいだけを指定する、
量り売りスタイルも斬新です。

 

国内100店舗を経て、
遂に2017年2月にニューヨーク進出も遂げた、
いきなり!ステーキの勢いは目を見張るものがありますね!

 

スポンサードリンク

ステーキはどこの肉を使ってるのか?

 

牛肉 / 部位 / いきなり!ステーキ / どこの肉

立ち食いスタイルで回転率を高めることで、
リーズナブルにステーキを提供する同店ですが、
産地はどこの肉を使っているのでしょうか?

 

実は産地を書いていないメニューもあるんですよね。

 

・・・ちょっと気になって調べてみました。笑

 

全店共通メニュー

価格表記が全て「税抜き」なのと、
各メニューでのカットが指定のグラム数が違うので、
オーダーする際には注意が必要ですね。

 

・リブロースステーキ(1グラム当たり6.5円)

「脂身と赤身のバランスが程よいリブロース! 肉質はきめ細やかで柔らかく、大満足な1品です。」

※リブロースは300gからのオーダーカットで承ります。

引用:公式HPより

 

こちらは「アメリカ産」の牛肉を使用したメニューで、
リブロースは脂肪の多い個所で風味もあるとされています。

 

男性にとっての並サイズと思われる300グラムで、
300g×6.5円で1,950円(税抜き)となります。

私はいつも400グラムなので、
400g×6.5円で2,600円ですね。

 

脂身好きとしては結構注文するメニューです。笑

 

 

・ヒレステーキ(1グラム当たり9.0円)

脂身が少なく、さっぱりとしたヒレステーキです。 赤身の旨味が食欲を誘います。

※ヒレ肉は200gからのオーダーカットで承ります。

引用:公式HPより

 

ちょっとお財布に余裕のある場合には、
ヒレステーキも良いですね!

 

こちらは「オーストラリア産」の牛肉を使用して、
脂身が少ないので女性はこちらを注文することが多いかも?

 

ヒレ部分はわずかしか取れませんが、
筋や脂肪がほとんど無い牛の最後部位とされています。

 

お値段もリブロースより張りまして、
私的な並サイズ(300グラム)だと、
300g×9.0円で2,700円(税抜き)となります。

 

給料日後しか頼めない400グラムだと、
400g×9.0円で3,600円(税抜き)です。

 

・・・食べた翌日からおにぎり生活は不可避に。笑

 

 

店舗限定メニュー

全店共通である定番商品の他に、
限られた店舗で扱うメニューもあります。

 

※Naruoサーロインを扱わないお店で、
CABアンガス提供してるそうです。
(同じ店では両方のメニューを提供していません。)

 

・Naruoブランド牛サーロインステーキ(1グラム当たり8.0円)

Naruoブランド牛のサーロインステーキが販売開始です! 赤身と脂身のバランスのとれたサーロインをお楽しみください!

※サーロインは200gからのオーダーカットで承ります。

取扱い店舗:銀座六丁目、渋谷桜丘、赤坂通り、 吉祥寺、 新橋、大門、 神保町、綱島、王子、湯島、イオンモール日の出、恵比寿

引用:公式HPより

Naruoブランドは牛肉輸出大国である、
「オーストラリア産」のブランド牛ですね!
衛生的な飼育環境の元で、
穀物飼料を食べて270日以上をかけてるそう・・・

 

部位のサーロインは腰の上部の肉で、
ヒレの次に柔らかいとされています。

脂のうまみも乗った贅沢な部分です。

 

そんなオーストラリア産のブランド牛ですが、
並サイズ(300グラム)で、
300g×8.0円で2,400円(税抜き)となりますね。

 

私的なサイズの400グラムだと、
400g×8.0円で3,200円(税抜き)で、
何だか段々とお得に感じてきました。笑

 

 

・CABアンガス牛サーロインステーキ(1グラム当たり8.0円)

新たにアメリカンビーフの登場! 米国CAB協会認定、やわらかくジューシーで適度な霜降りがあります!!

※サーロインは200gからのオーダーカットで承ります。

取扱い店舗:上記Naruoブランド販売店を除く全店にて販売中です

引用:公式HPより

このステーキはアメリカのアンガス牛協会が定めた、
CAB(サーティファイド・アンガス・ビーフ・プログラム )の厳しい基準が、
このブランド牛の成り立ちです。

 

アメリカでCAB認定は全体の7%とされるので、
希少性や最高級な意味でも食べてみたい逸品ですね。

 

こちらの成り立ちから分かるように、
このステーキは「アメリカ産」です!

 

両方とも部位はサーロインで、
グラム当たりの単価も同じなので、
是非食べ比べたいところですねー。

 

・・・だがしかし(笑)、
冒頭にも記したようにこちらのメニューは、
同じ店では両方の扱いが無いので要注意です!

 

 

ガチ炎上事件や喧嘩がSNSでも話題に

運営元であるペッパーフード傘下のペッパーランチでは、
2007年に従業員による女性暴行監禁事件が、
社会を震撼させネットでも大炎上しました。

(食中毒事件もあり業績は急降下に。)

 

・・・さて、いきなり!ステーキの炎上事件としては、
2016年12月末に本当の火災事故がありました。

火災後にはいきなり!ステーキの変わり果てた姿が・・・

 

火元はいきなり!ステーキ店舗からで、
従業員の通報によると「油に火が燃え移った」としていますが、
事故後の報道ではケガ人などは出ていないそう。

不幸中の幸いはあります。

 

 

・・・さて、喧嘩のほうは、
お笑い芸人たむけんさんがアメリカ村の店舗に訪れた際に、
店員さんが容姿をツィートしたことが発端になっています。

 


ここまで来ると有名税と言えなくなりますよね。

サービス業として超えてはいけない線だと思いますが、
見つけられた当人はアカウント削除して逃亡してしまいます。

 

しかし、すぐさまキャプチャ(魚拓)を保存した有志も現れます。

 

・・・この件はTV番組で松本人志さんに、
突っ込まれてたので更に拡散してしまいました。笑

 

話題になって注目を集めると歪が生じやすい?

いきなり!ステーキさんは破竹の勢いで出店を続けてるので、
色々と注目を集めやすくなっています。

 

普段は東京を徘徊しているタクシー運転手が、
「なんだろ?」気になるくらいなので、
普通の生活をしている人はもっと気になる人は多いでしょう。笑

 

「あんなに安いのだから変な肉でも使ってるんじゃないの?」と、
周りで言うタクシー会社の同僚の人もいたので、
今回はちょっと調べてみました。

 

メニューの国産肉は割愛しましたが、
品質にこだわりのある会社さんのようで何よりですね!

 

あと、たむけんさんの炎上事件は、
私たちサービス業にとっても考えさせられます。

 

東京のタクシー運転手は、
本当に芸能人の方とも接する機会が多いのです。

 

そんなことネットに軽い気分で書くなんて、
自殺行為にも等しい行為ですよ。

日々の収入源が無くなってしまうし、
社会人のモラルも問われますよ、はい。

 

・・・嬉しい気持ちは分かるのですが止めときましょ!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. イグノーベル賞 / 賞金 / 日本人 / バナナ/ ドクター中松
  2. プレミアムフライデー / 実施企業
  3. マインドフルネス / 効果 / 瞑想 / 呼吸法 / 訓練 / やり方
  4. いらすとや / 話題

東京のタクシー運転手(とらねじ)

東京のタクシー運転手(とらねじ)

こんにちは、このサイトの管理人(とらねじ)です。ご訪問ありがとうございます。

このブログは、東京で働くタクシー運転手の目線で、「業界的な話」や自分の尊敬する方、生活者の行動に関するトピックスなどを気ままに書いています。

・・・私自信は都内の中小の製造業やサービス業を渡り歩いた、どこにでもいるアラフォーです。
ところが、前職の会社が業績悪化に陥ったので、思い切ってタクシー会社に転職したました。

世間の悪いイメージがありますが、実際に入ってみると結構違ったのでビックリしました!
大変ですが、なかなか面白いですよ♪

・・・東京なら何度でも人生をやり直せると信じています。