甲本ヒロトの名言やハーモニカはかっこいい! 伝説や名言は演技?障害?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク




Pocket

こんにちは、純粋無垢なタクシー運転手です。

 

中学生でブルーハーツを知ったのですが、
なんか子供心をズキュンと打ち抜かれてしまいました。

当時はインターネットも無いので、
CDの歌詞カードを繰り返し読んだものです。

 

なかでもフロントマンである甲本ヒロトさんには、
かなり強く引かれるものが・・・

 

 

甲本ヒロトはどんな人?

なんか自然児がパンクをやっているようなイメージがありますが、
意外と(失礼!)大卒なんですよね。

 

そんな甲本ヒロトさんの簡単なプロフィールは?

 

本名:甲本 浩人(こうもと ひろと)
生年月日:1963年3月17日
出身:岡山県岡山市
学歴:法政大学経済学部経済学科(中退)
身長:174cm
メジャー活動:1985年(ザ・ブルーハーツ)より

法政大学は中退されたようですが、
岡山県下でも有数の進学校(県立岡山操山高等学校)に通っていたので、
一定水準以上の学力は持っていますね。

 

小中学校も岡山大学教育学部付属の一貫教育なので、
教育に熱心な家庭だったんでしょうね。

 

ちなみに、岡山の実家は「ドライ甲本」という店名で、
クリーニング屋さんを営んでいたようです。

 

・・・そんな甲本ヒロト少年は中学時代に、
伝説的パンクバンドのセックスピストルズに、
大きな衝撃を受けたと後に語っています。

 

高校への進学をせずに上京して音楽をやりたいと、
両親に訴えましたが説得されて高校に通ったそうで、
上京の夢は大学進学を機に実現します。

スポンサードリンク

伝説のブルーハーツ時代

大学中退後はマーシーこと盟友の真島昌利さんに誘われて、
1985年に4名でザ・ブルーハーツを結成。

 

自主制作の「人にやさしく」で注目され、
シングルの「リンダリンダ」にて、
一躍メジャーデビューを果たします。

 

ブルーハーツの名称は、
特に意味も無く簡単な英単語で組合せたそうです。笑

・・・それでも素朴ながらも社会的なメッセージを含んだ歌詞や、
シンプルかつオリジナリティ溢れる音楽性は、
子供だった私にも大変な衝撃でありました。

 

なかでも3rdアルバムの「TRAIN-TRAIN」は、
当時のドラマ主題歌に採用されたりして、
50万枚を売るヒットになっています。

 

私はなかでもこの「青空」という曲が好きでした!

・・・今見てもそのパフォーマンスは衝撃的です。

 

ちなみに、ザ・ブルーハーツのアルバムは、
最初の所属レーベルであるメルダックから三枚を出して、
その後移籍したイーストウェスト・ジャパンの扱いになります。

 

私が好んで聴いていたのはメルダック時代の三作で、
ジャケット見て懐かしさに涙が出そうになります。笑

 

「THE BLUE HEARTS」に収録のリンダリンダは、
シングルとは別録音の作品なんですよね。

1987年5月発表 1stアルバム

 

「YOUNG AND PRETTY」はメジャー前の楽曲が大半で、
マーシーの歌う「チェインギャング」は衝撃的でした・・・

1987年11月発表 2ndアルバム


「青空」も収録された大ヒットアルバム、
「TRAIN-TRAIN」はCDが擦り切れるぐらい(?)聴きました。笑

1988年11月発表 3ndアルバム

 

・・・こうやってアルバムジャケットを眺めてるだけで、
何か甘酸っぱい気持ちになってきます!

 

あまり意識したこと無かったけど、
これが青春の思い出ってやつかなぁ?!

 

魂のハーモニカ演奏や無垢な名言の数々

メルダック時代の収録じゃありませんが、
甲本ヒロトさんのハーモニカで印象深いのは、
「Too Much Pain」ですね。


(因みに愛用しているハーモニカは、
HOHNER社製のスペシャル20と言われています。)

 

ハーモニカは小さい楽器なのに、
独特の存在感がありますよね。

 

・・・個人的には歌と楽器の中間のような熱量を、
ハーモニカから感じるところで好きなんです。
(音楽センスの欠如で演奏はできませんが。笑)

 

素朴だけど熱量があるって
初期のザ・ブルーハーツみたいですが、
甲本ヒロトさんの名言も同じような感覚を覚えます。

 

僕がロックンロールに抱くものっていうのは、必ずね、その、「世の中はこうなんだ」っていう決まりごとをね、壊してくれるものなんですよ。
それは非常に破壊的で攻撃的な、なんかこう悪いイメージじゃなくて、「お前も生きていいんだよ」って言ってくれるんだよな。

お前みたいなヤツでもさ、すっげぇ生きていいんだよ」って許してくれるのがロックンロールなんです。

出典:名言ノートより

 

私も幼少時代には人に合わせなくてはと、
子供心に思っていましたが、
「しない」選択肢もあると知ったんですよね。

 

 

後の人生を振り返ると、
選択肢の広がりがあったので、
その影響は大変ポジティブなものでありました・・・

 

個性って当たり前じゃん。それが普通だと思うんだ。個性イコール普通だよ。

出典:【本物の劣等生】甲本ヒロトのコトバより

 

周りに合わせて変なことを言えない空気を感じても、
鈍感になって知らないフリも一つの選択肢ですよね。

 

「パンクは子供っぽい」的な意見はよく耳にしますが、
私は常識などに迎合し過ぎるのもどうかと思っています。

 

・・・だってクリエイティブじゃないし、
それじゃあ杓子定規でつまんないですよね!

 

 

その過激なパフォーマンスに病気や障害の声も・・

ステージでパフォーマンスをしている甲本ヒロトさんは、
かなり危ない挙動かつ類を見ないので、
病気とか障害ではないか??の声もあります。

 

しかし、このような事実を掘り当てることはできませんでした。

 

そんな事実が無さそうな事に納得しますが

甲本ヒロトさんは病気などの作用で、
あのようなパフォーマンスをしてないでしょう。

 

 

・・・これは私の主観ですが、
エンターテイメント性はもちろんですが、
外見で判断する人を排除する機能もあったと思います。

 

楽曲や歌詞に触れないで中身を知る事はできないので、
いわゆるオトナ的な考えの人は拒否反応する、
リトマス試験紙に結果的になっていますよね。

 

 

地頭の良い甲本ヒロトさんですが、
計算ずくとは言わないまでも、
望むようなファンが付いたのではないでしょうか?

 

・・・伝わる人にはよく伝わるのですよ。

 

私は原点を振り返りながら、
これからもブルーハーツ時代の曲を聴こうと思います。

 

甲本ヒロトさん、未来は僕らの手の中ですよね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

東京のタクシー運転手(とらねじ)

東京のタクシー運転手(とらねじ)

こんにちは、このサイトの管理人(とらねじ)です。ご訪問ありがとうございます。

このブログは、東京で働くタクシー運転手の目線で、「業界的な話」や自分の尊敬する方、生活者の行動に関するトピックスなどを気ままに書いています。

・・・私自信は都内の中小の製造業やサービス業を渡り歩いた、どこにでもいるアラフォーです。
ところが、前職の会社が業績悪化に陥ったので、思い切ってタクシー会社に転職したました。

世間の悪いイメージがありますが、実際に入ってみると結構違ったのでビックリしました!
大変ですが、なかなか面白いですよ♪

・・・東京なら何度でも人生をやり直せると信じています。