勉強する時間や、やる気も十分確保できる! タクシー会社はプライベートも充実する職種です♪

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク




勉強 / 時間 / やる気 / プライベート / 充実 / タクシー
Pocket

こんにちは、スキマ時間は妄想が捗るタクシー運転手です。

・・・痛いアピールの過ぎる「意識高い系」は、
2015年辺りからインターネットで定着した流行り言葉のようですが、
「意識を高く持つ」ことは悪いことじゃないですよね。

 

華麗なる職歴が集まるタクシー業界ですが、
皆さまのイメージする(?)「パチンコ」「ベロベロに飲酒」以外にも、
プライベート充実の為に時間を割く人は結構多いんですよ。

 

「働き方」の多様化

日本では経済成長が鈍化してから「終身雇用制度の形骸化」なる論調で、
実力主義による「年功序列」制度は影を薄めて久しくなりました。

(将来的な「自分キャリア」を見定めながら、
自己投資してMBA(経営学修士)を目指すブームが約10年前にありましたね。笑)

 

あと最近では、大手上場企業のロート製薬さんによる、
「副業解禁」の号砲で副業の意識事態は浸透が進んでます。

・・・昭和チックで仕事一筋の「モーレツ社員(死語)」的な平均像は、
いつからか「社畜」になり下がってしまった感もあります

 

しかし、「モーレツ社員」も「社畜」も多様化される「働き方」の一つの選択で、
その環境に身を置くのは全て「自己責任」が問われる時代なのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

衣食住が足りて「個」の顕在化

よく、ネットを見てると新卒社員や若手のあるあるエピソードで、
「会社の飲み会(ノミュニケーション)」に付き合わなくなったと言われますよね。

 

若者的には「そこまで会社に依存したくねーよ」といった気持ちで、
「気の置けない仲間たち」との楽しいひと時を選択したり、
自宅や止まり木で「自分だけの時間」を大切に過ごすそうです。

 

・・・そりゃそうですよね、衣食住の「物質的」な欲求が満たされたら、
もう少し高次な欲求である「精神的」な価値観や安堵を求めたくなるでしょう。

 

ここで「今の若いモンはよ~!」とクダを巻いてしまえば、
あなたも(わたしも)「老害」認定です。笑

 

 

「自分だけの時間」で将来の設計もできる

ここで「プライベートの充実」が指すのは、
気の置けない仲間たちとの楽しいひと時だけではありません。

 

昨今の東芝さんの問題では有りませんが、
「寄らば大樹」的な心持ちだと、
身を滅ぼす可能性もあるので「将来設計」は欠かせなくなりました。

前述のMBA(経営学修士)に加えて、
中小企業診断士のような難関資格も安定したニーズがありますが、
資産形成で投資をするような選択肢もありますよね。

 

何れにしろ、会社で仕事をしっかり遂行すれば、
「会社から離れた時間」は充実したものになります。

 

・・・もちろん、趣味の時間も作れますよね。

タクシー会社にもサーフィンや筋トレなどのスポーツ系から、
バンド活動やカメラに加えて食べ歩きの文化系など、
本当に多様な方がいらっしゃいます。

 

皆さんがイメージするような「飲む・打つ・買う」系は、
もう大手辺りのタクシー会社では少ないと思いますよ。笑

 

 

「タクシー会社勤務」はまとまった時間がとれます

以前に書いたエントリーですが、
サラリーマンが平日の帰宅後に自分時間を捻出するのに比べても
タクシー業界の「隔日勤務」だとしっかり睡眠を取ってから、
翌日の午後から夜まで自分の時間が確保できるんですよね。

ほんとにブラック企業?「タクシー運転手のスケジュール」を診断してみた

 

 

・・・私的には、これは大きなメリットの一つだと思っています。

平日務めて帰宅して勉強や作業に充てるより、
このまとまった時間スタイルは本当に没頭できます。笑

 

 

私(とらねじ)の「自分だけの時間」

「それで、お前は何をしてるんだ?」と聞こえてきそうですが、
私の場合はネットの知識がかなり不足してたので、
たった今ご覧のWordPressを立ち上げるために色々調べていました。

 

これまでWeb業界は全くの門外漢で来てしまったので、
「ドメインを取得してサーバーに紐付けして、WordPressをインストール」等、
結構ハードルが高くて苦労したんですよ、これが!笑

(流れ作業なので一度経験してしまえば、なーんだという感じなんですけどね…。)

 

思考錯誤して調べながら、
独自ドメインで自分のサイトを作るのは、
結構楽しくも勉強になりましたね。

(没頭しないと捗らないタイプなので、
平日の夜中は酔っぱらって作業できません!笑)

 

・・・サラリーマンを脱してからは、
ジムに通って運動したり平日の美術館に通ったりしましたが、
このような情報発信できる環境を構築しないともったいないですよね。

 

思い立ったら吉日で、色々な教材を買ってじっくりと勉強できましたよ♪

 

 

「時間」も「やる気」に加えて「睡眠」も確保できる

他の会社の方で資格関係の勉強している方のお話を伺った事がありますが、
タクシー勤務が終わったら「中小企業診断士」の勉強をしているそうでした。

 

その方も、私と同じように飽きっぽい(!?)性格なのか、
睡眠を取りながらじっくり勉強できる環境が欲しくて、
このタクシー業界に入ったそうです。

 

その方は毎日勉強できない代わりに、
仕事の日は前日の復習で食事しながら、
ノートを開く努力をしてると聞いて大変感心です。笑

 

予備校のTACにも通うのでかなりハードな生活みたいですが、
2017年の二次試験合格をお祈りしたくなりますよね。
(昨年一次試験は見事に合格したそう!)

 

 

・・・資格を目指される方は、
試験日の都合などでシフトの希望をお願いできるか等は、
面接時に確認したほうが良いでしょうね。

(シフトを組む運行管理の方に苦労をかけますので!)

 

 

私の今後は、もう少しWeb系の勉強がしたい気持ちかな?

とりあえずは、このブログの更新は頑張って継続していきまっす。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. LGBT / 日本企業 / マーケティング / 割合 / 市場規模
  2. ブラック企業 / タクシー
  3. 横山やすし / 息子 / タクシー運転手
  4. 腰痛 / 職業病 / タクシードライバー
  5. スマホいじり / 渋滞 / イライラ / 解消

東京のタクシー運転手(とらねじ)

東京のタクシー運転手(とらねじ)

こんにちは、このサイトの管理人(とらねじ)です。ご訪問ありがとうございます。

このブログは、東京で働くタクシー運転手の目線で、「業界的な話」や自分の尊敬する方、生活者の行動に関するトピックスなどを気ままに書いています。

・・・私自信は都内の中小の製造業やサービス業を渡り歩いた、どこにでもいるアラフォーです。
ところが、前職の会社が業績悪化に陥ったので、思い切ってタクシー会社に転職したました。

世間の悪いイメージがありますが、実際に入ってみると結構違ったのでビックリしました!
大変ですが、なかなか面白いですよ♪

・・・東京なら何度でも人生をやり直せると信じています。