横山やすし、息子もタクシー運転手に・・・怖いお客にどう対処する?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク




横山やすし / 息子 / タクシー運転手
Pocket

こんにちは、関西弁の人に「怒ってへんわ!」と怒鳴られた経験のあるタクシー運転手です。

 

職業の性格上で「お客様の人となり」が分からないので、
つい外見のイメージから心の準備をしてしまいますが、
コワモテの方が実は気さくで丁寧な人柄だったりします。

・・・もちろん、そのまんまの方も一定数いらっしゃいます。笑

 

怖い人の象徴? 天才・横山やすし氏を懐かしむ

横山やすし氏は20世紀を代表する天才漫才師ですが、
1996年に惜しまれつつも、
アルコール肝硬変でこの世を去ってしまいました。

生前は破天荒を体現したような芸風で、
全国的な人気の一流の漫才師だったと思います!

 

 

1980年代の漫才ブームの際には、
私も子供心に「なんか怖いけど面白い人だな~」と感じていましたが、
なんか怖いけど人を引きつける魅力がありますよね。笑

 

・・・「やっさん」の愛称でお茶の間(死語)でも大変親しまれましたが、
度重なる不祥事でよしもとを契約解除されたりと、
話題に事欠かない方でした。

 

 

スポンサードリンク

横山やすし氏、タクシー運転手に侮辱罪で訴えられる

タクシー運転手に対する侮辱的な言葉で、
「雲助(くもすけ)」があります。

 

・・・私も業界に入ってから知りましたが、
これは横山やすし氏がタクシー運転手に訴えられた事件で、
広く知られるようになったそうです。笑

 

ちなみに当時のタクシー運転手に言った言葉はこちらです。

「お前ら、今でこそ運転手と呼ばれとるが、昔で言えば「駕籠かき雲助(かごかきくもすけ)やないか。」

引用:Wikipedia(雲助

 

この事件は1977年に民事訴訟で10万円の慰謝料支払いを命じた、
横山やすし氏の敗訴判決で幕を閉じたそう。

今ではちょっと分かり難いですが、
「雲助」は江戸時代に定住を持たずにできる浮浪人の仕事なので、
タクシー運転手に対して差別的な意味が込められていますね・・・

 

暴言とされる横山やすし氏の言葉を、
文章で書くと冗談っぽくも受け取れそうですが、
当時の車内にいたタクシー運転手が訴えたことからも、
かなり高圧的に(酔っぱらってた?)屈辱したと言えるかもしれません。

 

・・・やっさんのあの関西弁で早口でまくしたてられたら、
私なら震え上がってしまいます。笑

 

 

息子の木村一八氏も、タクシー運転手に暴行事件

横山やすし氏の息子である木村一八氏も、
1988年にタクシー運転手への傷害事件で逮捕されています。

 

当時は19歳だったにも関わらず六本木で飲酒をして、
無関係のタクシー運転手に暴行に及んだそうです。

 

・・・乗車拒否をされ、次に通りかかったタクシーの車体を傷付け、
終いには運転手を脳挫傷に至らしめた行為は決して許されるものでなく、
その後のマスコミ報道によって非難されました。

 

 

時代背景もあると思いますが、
当時のバブル全盛時はタクシーもお客を選ぶ時代があって、
乗車拒否や悪態は当たり前で忌み嫌われていたそうです。

(もちろん、暴言や暴力行為の正当化はされません!)

 

これは余談ですが、なんとタクシーの乗車拒否がすごいので、
お客さんは一万円札を広げて乗車の申し込みをして時代だったとか・・・

 

 

 

タクシー運転手は身を守れるのか

職業柄、不特定多数のお客様を乗せるタクシーは、
事件に巻き込まれる可能性が付きまといます。

 

・・・横山やすし親子のような暴言や暴力に加えて、強盗の危険もあるんですよね。

 

私もいつそんな目に会うかと思うと心配で眠れなくなるので、
今では運命だと割り切っています。笑

 

とはいえ!細心の注意は常に払わないといけませんね。
(命あってのものなので。)

 

 

「怖そうな」お客様が乗車された!

前でも書きましたが、
こちらが親切丁寧に対応していれば、
お客様の気に障る可能性がグッと低くなります。

 

軽口を叩いたり失礼な態度に出れば、
そりゃ人間誰でも腹が立ちますよ。笑

 

・・・サラリーマン時代を思い出しても年配の運転手の方が、
一方通行で話しかけてきましたが、
私はすっごい苦手でした。

 

あれ、嫌じゃないですか?

自分が嫌なので、明らかに年齢が下の方でも学生さんでも、
私自身がそのように振舞うことはありませんよ。

 

ちゃんと仕事をしていれば、
怖そうな方でも皆さん最後には「ありがとう」と言っていただける。

と信じています、はい。

 

 

「怖い」お客様が乗車された!

今度は実際に怖い人です。笑

 

横山やすし氏のような早口の関西弁で「先を急げ!」と言われたら、
もう生きている心地がしなくなります。

 

・・・圧迫面接や詰問のようなコミュニケーションが本当に苦手です。
(好きな人はいないでしょう!)

 

ごく稀にですが、
携帯電話でここで書けないような犯罪まがいの話をされる方がいて、
気が遠くなることがあります。

 

常に電話に集中してくれれば良いのですが、
「もっとスピード出せ」「黄色で止まるな」「コノヤロー!」等と、
こちらにも気を配っていただくことが多いです。

 

 

この場合は諦めて、目的地に着くまで耐えましょう!笑

 

腹式呼吸をして神経を落ち着かせないと、
交通事故や道を間違えた日には大変なことになりますので・・・

 

イチャモンや文句も言われますが、
口答えなどをせず「ハイ!」と「申し訳ございません!」で、
全て切り抜けてしまいます。

 

・・・「君子危うきに近寄らず」で繁華街は避けるのも吉です。

 

 

「事件だ!」SOSスイッチで110番

犯罪に巻き込まれたら、本当にどうすれば良いのでしょうね・・・

 

まだ筋トレできる年代なら、
ウェイトトレーニング等で身体は鍛えて大きい身体のほうが、
何かと犯罪が避けられるかもしれません。

 

とはいえ、犯罪者は後部座席に座っているので、
何かと不利な状況に変わりはありません。

ここで変な行動を取って刺激してしまったら、
お金だけでなく命まで奪われてしまいます!

 

 

・・・実は全ての会社の車に付いてるか分かりませんが、
秘密の場所に「SOSスイッチ」があります。

無線で警察にも110番通報されるので、
万が一の心の支えにはなっています。笑

 

 

 

 

もし、アクション映画の主人公だったらどうする?

まぁ、犯罪者は後部座席でシートベルトなんかしないので、
お金を渡すフリをして前方の障害物に車をぶつけるでしょう。笑

 

私の妄想ではそこで犯罪者が弱ったところを、逆ホールドアップですよ!
そして翌日で連日マスコミに報道されたりして!

 

・・・実際はガクブルでこんな事絶対できませーん!

(本当に危ないので、変な抵抗だけはしないように心がけています。)

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自動運転 / Google / 実用化
  2. 腰痛 / 職業病 / タクシードライバー
  3. 直木賞作家 / 志茂田景樹 / 息子 / 下田大気 / 関東連合 / タクシー
  4. タクシー / 410円 / 改定
  5. インバウンド / 観光 / タクシー
  6. LGBT / 日本企業 / マーケティング / 割合 / 市場規模

東京のタクシー運転手(とらねじ)

東京のタクシー運転手(とらねじ)

こんにちは、このサイトの管理人(とらねじ)です。ご訪問ありがとうございます。

このブログは、東京で働くタクシー運転手の目線で、「業界的な話」や自分の尊敬する方、生活者の行動に関するトピックスなどを気ままに書いています。

・・・私自信は都内の中小の製造業やサービス業を渡り歩いた、どこにでもいるアラフォーです。
ところが、前職の会社が業績悪化に陥ったので、思い切ってタクシー会社に転職したました。

世間の悪いイメージがありますが、実際に入ってみると結構違ったのでビックリしました!
大変ですが、なかなか面白いですよ♪

・・・東京なら何度でも人生をやり直せると信じています。